【ちょっと一言】

(その109)好きな映画6

好きなアメコミキャラの1つにHellboyがあり

特にデル・トロ版の映画は最高です。このキ

ャラクターの個性は日本の主人公ではあまり

見ません。しかしこの映画を見ているとHell

boyがかっこよくとても魅力的です。Hellboy

の1作目、2作目共、監督デル・トロのこだわ

りが詰め込まれ、すごい映像を作り出してい

ます。苦手なファンタジーですが納得です。

ヘルボーイ

一方日本の最近の漫画の主人公はビジュアル

が皆同じに見え個性がありません。内容も悲

しい事に他作品をパクって寄せ集めただけの

作品が目立つのですが、真似しているだけの

作品は隙が多く恥ずかしいだけです。

indexへ

(その108)絵が上手くなってからでは

遅い!

絵の世界で成功するために絵の練習を毎日や

っている人は沢山いると思います。そういう

人に言いたいことは絵が上手くなってから作

品を創ろうとするとあっと言う間に齢をとる

ということです。まずアイデアを考えそれを

どう表現するのが最も効果的か計算します。

そこで絵を使うのならばどの程度の画力が必

要か逆算するのです。実際絵を描き始めると

上手く描けないのですが完成後の作品を強く

想像できていれば挫折する率は下がるはずで

す。ですから今すぐアイデアや企画を考えま

しょう。そうすれば作品を一つも完成させら

れずに挫折することはなくなります。絵が上

手いだけだと下請けの仕事になりやすいので

できればコンテンツホルダーを目指したいと

ころです。頭の中で何回も想像して具現化す

れば、別にすべての絵が描ける必要はないの

です。作品を一つ完成させられれば自信がつ

き続けられます。プロを目指すならばネット

動画で絵が上手くなる方法を見てもあまり意

味ないですね。その人達を追いかけても最低

でも同じ年月が掛かりますし、同じような絵

ならば自分の存在価値が薄れますからね。自

慢話と思って見た方がいいですね。と言いつ

つ私も自慢話が多少は含まれています(笑)。

 

(その107)アニメの可能性

これからアニメ業界は儲かると言っている人

がいますが、私の見解は逆です。技術の進歩

で制作コストが下がり少人数で制作できる方

向に来ていることは理解できますが問題は漫

画業界と同様アイデアの枯渇であります。イ

ラスト、漫画、アニメなどは実写とは違い単

純化、記号化する分野でありリアルな方向へ

は向かいません。すなわち表現の幅がもとも

と狭く、有限なのです。ですから成熟しきっ

ていて新たなアイデアを発見しにくい状況な

のです。イラストや漫画でも分かるようにC

Gを使い昔に比べ生産性が上がってもヒット

作を出しにくくなっています。ネットを使っ

て別の表現活動を模索した方が可能性が大き

いと思いますね。みんなアニメにも飽きてき

ていますので新たな体験を望んでいますよ。

それでも個人の努力とアイデア次第でどの分

野も可能性はゼロではないですが。

 

(その106)鬼滅の刃無限列車考察

家族がレンタルしてきた鬼滅の刃無限列車を

時間があったので見てみました。内容はいか

にもテレビ的で視聴者を台詞によって泣かせ

る場面が多くシラケてしまいました。個人的

には泣けるを推してくる映画は好きではあり

ません。また前半の夢か幻想の場面が長く興

味が薄れてしまいました。視聴者は夢には興

味がもてません。またこの作者のキャラは皆

同じ土台の顔で髪型とメイクか隈取?の違い

しかないので少年漫画としては物足りなさが

あります。あくまで個人の感想ですが社会的

ヒットには疑念が残ります。しかしこれ以降

ジャンプの「リアルな日常にモンスターの違

和感」を売りにした作品が量産されています

ね。モンスターは自由に描けるので目新しさ

はありますが、ストレス発散になりやすくス

トーリーは単調になりがちです。

 

(その105)漫画の可能性

漫画でヒット作を出すのは年々難しくなって

います。1990年代と比べれば書店自体も

減少しコンビニの雑誌売り場面積も半分にな

りました。このことからプロの漫画家を目指

すことが現実的ではなくなりつつあります。

小説家や漫画家で人気作家になれる可能性は

いつでもゼロではないのですが漫画家の未来

は明るいと言って人を集めるのはどうなんで

しょうか?似顔絵画家で絶望したときも思っ

たのですが多くの人が幸せになれない仕組み

は是正するべきだと思います。絵を描くのは

楽しいことですがやる気の搾取が起きやすい

のもまた事実であります。防衛策としてはネ

ットを使った表現を自分の空いた時間で、な

るべく固定費を減らして行うことです。仕事

をして貯金をしながら趣味の延長で行うほう

がいいです。ネット表現はまだまだ未開拓の

分野が多く漫画よりは夢があります。イラス

トや漫画、アニメに比べ遥かに複雑で範囲が

広く未成熟で計算不可能に近いです。ネット

の良さは何歳になってもどこからでも発信で

きる選択があることです。すなわち夢を諦め

る必要はないのです。

 

(その104)コンテンツは計算

コンテンツの価値はほぼ数値化できるのです

が、これまでの漫画やアニメの関係者は文系

の人間で過去の経験と感のみで判断してスト

ーリーをつけ漫画化、アニメ化することでこ

のWANBOXのアイデアを横取りできると判

断したと思われます。ところがワンパンマン

や妖怪ウォッチのコンテンツの価値はWANB

OXには遠く及びません。そのすべてを説明で

きるのですが、無料で教える義理もないので

(笑)。絵の世界は自由に描くことが強調され

てきたので理論を語るのを極端に嫌う人がい

ます。しかし現在のコンテンツの最前線は高

度に計算された世界になりつつあります。数

学やプログラミングなどと同じ計算が重要な

世界なのです。

 

(その103)紙の本は必要?

ネットがない時代には私も漫画を含め本を沢

山買いました。しかし現在残っている物は一

冊もありません。本の最大の欠点は劣化です

よね。古い本は埃をまとい特にアレルギー体

質の人には耐えられる物ではありません。そ

の点電子書籍は劣化がなく保存に適していま

す。電子には内部検索や音声朗読など可能性

は無限にありますが、スマホの画面は小さく

ドットの粗さから見やすいとは言えない欠点

があります。スマホでこれまでの漫画を読む

にしてもこの欠点は解消できないでしょう。

紙の漫画の文法とスマホの相性は最悪なので

電子版の新たな文法が必要になってきますが

出版社は紙に印刷することを捨てきれないの

で時代から取り残されていきます。またネッ

ト時代の本命は動画であり、そのわかりやす

さは活字や漫画の比ではありません。

 

(その102)絵は自由に描け?

たまに「絵の描き方に正解はない。自由に描

けばいい。」と言う人がいますが、自己満足

の趣味ならばそれでいいんですが、そうでな

ければそのような絵は使い道がありません。

強烈な個性を持って生まれたアーティストな

らともかくほとんどの人は自由に描いても時

間の無駄です。自由に描くと言うより自由に

発想することが重要で新たな発想には理論が

必要になります。自分の個性と新しい理論は

何なのか常に考えながら描くのです。次第に

その理論が自分の表現になり蓄積されていく

のです。ですから私は「自由に描け」と無責

任には言わないようにしています。

 

(その101)人気の捏造

近年テレビで取り上げられるコンテンツは実

際見てみると期待以下な物が多くなってきた

ように思います。嘘、大げさ、紛らわしい宣

伝がコンテンツの世界では問題になりにくい

のです。またネット上のアイデアと過去の成

功体験を踏まえてサラリーマンアーティスト

が考えた摸造作品は細かいポイントにズレが

あり作品レベルとしては低いのですが、それ

をゴリ押しし、人気の捏造を繰り返すことに

より視聴意欲を刺激してある程度の収益を生

んでしまいます。最近はテレビの信用度が落

ちてきたので、ネットを使った人気の捏造へ

移行していますが、こうして個人アーティス

トのアイデアがコンテンツ企業に搾取されて

いるのです。情報弱者は摸造作品にお金を払

わされるのです。ワンパンマンや妖怪ウォッ

チは明らかにWANBOXの摸造作品です。しか

しこれらのコンテンツはアイデアを盗んだに

もかかわらず自画自賛してWANBOXを無視し

つづけています。WANBOXの価値を計れない

のに安易にパクると後々大変な事になる(笑)。

 

(その100)パクリ得は許さない

出版業界は漫画の違法なアップロードでは作

家が育たないと主張しますが、ネット上の個

人のアイデアは平気でパクります。ワンパン

マンや妖怪ウォッチ程度の内容でもマーケテ

ィングという名の捏造とメディアミックスを

用い社会認知度を獲得していきます。しかし

個人のアイデアは拡散には時間がかかり、対

抗するのは大変です。ここで世界の人々には

0から1を生み出す困難さを考えていただき

たいです。アイデアを横取りして大金を稼ぐ

出版社を放置してはいけません。ぜひ発案者

の権利が守られる社会になってほしいです。

せっかく誰もが自由な言論と表現を発信でき

るツールがあっても今の状態では意味があり

ません。出版業界は斜陽産業で収入は落ちて

いきますが社会正義に反することはやめてほ

しいです。

 

(その99)苦手な漫画ジャンル

個人的な傾向なのですが漫画や映画で苦手な

ジャンルがあります。@魔法などを使うファ

ンタジー物A学園ヤンキー物Bシュール系の

物、このあたりです。@のファンタジーは世

界観を説明、表現する必要があり理解する難

度が上がり、矛盾も発生しやすい。フィクシ

ョンなので矛盾は当然発生するのですがファ

ンタジーは許容範囲を超えてしまう物が多い

と感じます。Aの学園ヤンキー物はバトル物

としては軽易であるし、身近な分影響を受け

てしまう人が多いのではないかと心配になっ

てしまうからです。Bのシュール系は社会か

ら一歩後ろに引いて冷めている印象があり主

人公に熱がなく無感動だからです。得られる

物がありません。

 

(その98)好きな映画5

おそらく皆さんご存知だと思いますが昔の名

作に「ショーシャンクの空に」というのがあ

り、久しぶりに見てみましたがやはり全く色

褪せません。冤罪で長年投獄された主人公ア

ンディの強さにどんな逆境でもあきらめては

いけないことを教えられます。

ショーシャンクの空に

「いいものは決して滅びない。」この映画も

永遠に残ると思います。

また「グリーンマイル」もおすすめです。

 

(その97)ジャンプの苦境

最近は少年ジャンプで読みたい漫画がない

という声をよく聞きます。ジャンプと言え

ばバトル漫画ですが単純にネタ切れです。

プロレスバトル(キン肉マン)、カンフーバ

トル(ドラゴンボール、北斗の拳)、侍バト

ル(るろうに剣心、ブリーチ)、忍者バトル

(忍空、ナルト)、ホラーバトル(ジョジョ)、

総合バトル(ワンピース、魁男塾)、この辺

で徐々に人気に陰りが見えてきました。最

近は苦しくヒーローバトルやモンスターバ

トルが来ていますが新鮮味はありません。

週刊連載では練り込んだストーリーは難し

く単純なバトル物が重宝されてきましたが

読者を満足させるシンプルンなアイデアが

枯渇しています。逆にネットで自分のペー

スで時間無制限で完成度の高い作品を創り

込めばジャンプを凌駕できます。

 

(その96)テレビ離れ

WANBOXを発表した2008年はまだテレビ

に力がありテレビタレントやコメンテータ

ーはネットを敵視して発言していました。

人知れずWANBOXも攻撃を受けていたので

すが、あれから十数年がたち随分状況が変

わりました。当時WANBOXを攻撃してきた

タレントも今では皆YouTuberです(笑)。

情けないことにほとんどのテレビタレント

やコメンテーターは忖度、迎合し、何の信

念もありません。テレビの弱体化は日本社

会にはいい事です。一度解体されて電波オ

ークションするべきですね。ちなみにWA

NBOXを攻撃してきた人間は絶対に忘れる

事はできませんね。漫画家や似顔絵画家も

然り。

 

(その95)ガスライティング

最近は大分ガスライティングという言葉が

知られるようになりました。ネットで企業

したりアート表現をすることは新たな可能

性を生むのですが、かつての勝ち馬はそれ

をよく思うはずはありません。誰にも知ら

れず芽が出る前に社会から抹殺したいと思

う人間が存在します。そこで考え出された

のが「ガスライティング」です。近年話題

の集団ストーキングもそのひとつです。こ

れまではこれらの被害を他人に相談しても

あの人は頭がおかしいで終わりです。今、

国民全員がこのガスライティングという言

葉を知ることで被害が劇的に減ると思われ

ます。周りの人間に良からぬ噂を流し孤立

させた後、関節的に自殺したほうが楽だよ

と言って追い込んできます。このガスライ

ティングは人の尊厳を著しく落とす卑劣な

行為です。

 

(その94)ハッキング

ネット表現で最大の問題はハッキングで個

人情報が狙われることです。私もプログラ

ミングの知識が多少ありますが、プロのハ

ッカーが侵入してくると防ぐ術がありませ

ん。市販のセキュリティーでは簡単に突破

されます。当然証拠は残さないように情報

が盗まれます。アイデアや情報源、視聴動

向などが盗まれます。私は無知を装いハッ

カーを捕まえようとした結果パソコンを破

壊されました。ですから重要なデータはネ

ット上に置かない、常に監視されているか

もという自覚を持ってネットを使うことが

重要です。私は普段はウェブカメラを物理

的に使えなくしています。それでも本当に

重要なデータは頭の中にありますので、そ

こまで神経質にもなっていません。ネット

で有名になればハッカーに狙われることは

十分ありえます。念のためクレジットカー

ドの明細はこまめに確認しましょう。残念

なことにバレなければ犯罪ではないという

考えの人間が大勢いて盗撮、盗聴、ネット

ハッキングなどやりたい放題なのが今の社

会です。映画「The social network」では

ショーン・パーカーが盗聴に注意を払うシ

ーンが当たり前のように描かれています。

 

(その93)ワンパンマンの情報操作

おそらく漫画業界もそうとう情報操作がさ

れているように思いますね。私も漫画は沢

山読んできましたので、価値あるものや絵

の上手いものは判断できるつもりですが、

このワンパンマンの評価だけは納得いくも

のではありません。ネット漫画は数が多い

ので原作版ワンパンマンがここまで話題に

なるのは不自然なんですよね。ヘタウマ路

線の漫画のブームはすぐ終わるものですが

このワンパンマンはなかなか終わらない。

これはお金を払いネットニュースで記事を

書いてもらったり、コメントで評価を爆上

げするためだと考えています。マーケティ

ングというより捏造に近いです。この漫画

にここまでこだわるのはWANBOXをコンテ

ンツ業界が脅威に思っているからです。生

憎、理論上はWANBOXは無敵の原理を持

っています(笑)。

oni

ちなみに私も若い頃はこういったタッチの

漫画を描いていた時期がありました。年齢

を重ねるごとにグロい表現を好まなくなっ

ていきました(笑)。

 

(その92)原作版ワンパンマン

2009年発表の原作版ワンパンマンについて

ですが、あの内容で発表後わずかの期間で閲

覧者数1日2万人累計1000万人以上なのだそ

うです(笑)。ウェブ漫画でここまで注目され

たのならばリメイクせずこのままコミック化

すればいいと思うのですが、なぜそうしなか

ったのでしょうか?ネットのアクセス数やフ

ォロアー数があまりに多い場合は疑ったほう

がいいですね。これは典型的なアイデアの横

取りの手法なのです。

ワンパンマン

WANBOXによってネット漫画への移行に拍

車が掛かったのは事実だと思いますが私は

漫画文化の終わりを遥か前に予想していた

のです。

 

(その91)フィクションです

WANBOXはフィクションです。漫画という

のは基本フィクションなので問題だらけで

す。戦争、バトル、銃刀、タバコ、タトゥ

ー、性的表現、動物虐待など上げれば切り

がありません。漫画表現の許容範囲は人そ

れぞれです。私は最近のホラー映画などの

表現を参考に限界を自分なりに考えていま

す。ただしネット動画などのノンフィクシ

ョン(実写)の命をおもちゃにするような表

現には断固反対の立場なので混同しないよ

うにお願いします。また架空生物ならばな

んでも許されるという考えでもありません。

WANBOXの表現に意見のある方はメールで

受け付けております。

 

(その90)テレビの電波オークション

2020年のノーベル経済学賞に電波オークシ

ョン理論が選ばれました。日本のニュースで

はまったく取り上げられませんでしたが、こ

の概念は非常に大切です。日本のテレビは偏

向報道、印象操作、ステマなどを日常的に行

いもはや公共性など見る影もありません。ほ

ぼ無料に近い電波利用料は既得権益でしかな

く、やっていることは金儲けです。社員の年

収はキー局で平均約1300万円です。今テレビ

離れが若い人を中心に進んでいますが、テレ

ビ局はこれまでの収入をなんとか維持しよう

とするのでますます情報操作を強化すると思

われます。電波オークションは世界的な潮流

なので日本でも早く実現して欲しいですね。

 

(その89)情報過多の時代2

最近のテレビを見ていると、もはや視聴者を

洗脳するために放送しているようにしか見え

ません。漫画や映画、音楽、ゲームなどのコ

ンテンツの情報も例外ではなく社会現象にな

るような誘導がてんこ盛りです。また追加で

ネットを使ったステマやコメントの高評価で

洗脳する仕組みが横行しているように感じま

す。今ネット漫画が熱いと煽っていますが本

当なのでしょうか?根拠に乏しいです。いず

れにせよ現代は情報洗脳合戦の時代に突入し

たと言えます。社会は個人の表現の自由と言

論の自由、プライバシーの保護が守られてい

るか逆にマスコミを監視しなければなりませ

ん。これはマスコミの報道の自由よりも重い

権利です(マスコミの報道なんてものはとっ

くに終わっていますが)。ネットの良さは個

人で表現できるところにあるのですが実際は

組織の力で情報統制がされつつあります。W

ANBOXは表現の自由と言論の自由及びプライ

バシーの保護を守るために動きます。

 

(その88)ワンパンマンの画力

リメイク版のワンパンマンの画力についてです

が正直に言えば平凡な画力です。これまで見て

きたあまり個性のない漫画家の一人にしか見え

ません。キャラクターデザインのプロが見ると

人物を描く力量が圧倒的に不足しているように

見えます。キャラクターの描き方にブレがあり

統一感がありません。おそらくキャラクターの

描き方を理解していません。他人のキャラクタ

ーは模倣なのでそこそこ描けても自分で考えた

キャラやモブキャラは途端に不安定になる印象

です。オリジナルキャラを創るためには個性、

創造性、深い知識が欠かせません。私から見れ

ば魅力的なキャラクターを生み出せる人こそ画

力があると考えています。WANBOX打倒のた

めにワンパンマンをぶつけてきたと思われます

が似たような描き方なら少なくともデスノート

の小畑健くらいの画力がないと勝負になりませ

ん。画力がない人はグロテスクな表現を多用す

る傾向にあります。そうしないと画面に迫力が

出ないのです。他人の絵を批判して得な事はな

いのですがあまりに世論をねじ曲げようとする

人間がいるのであえて書いています。類似品を

ゴリ押ししてコメントで評価をつり上げて情報

弱者にお金を払わす手法です。絵の上手いイラ

ストレーターや漫画家は他にごまんといます。

くだらないワンパンマンの評価がここまで高い

と他の漫画家は怒らないのでしょうか?(笑)

 

(その87)Level5のLevelは?

ゲーム会社Level5のレベルはMax100の5レベ

ルぐらいのものです。正直大人が見ればデザイ

ンやアイデアは見たことがある物ばかりで新し

さは皆無です。ゲームの下請け会社であり、原

作を作れるレベルではありません。他作品を真

似しては情報弱者の子供達相手のビジネスを展

開している印象です。この会社のデザイナーに

はプロ意識をまったく感じませんね。これほど

こだわりのない会社は珍しいです。自分達の頭

で苦労して考えた物が新たな感動を生むことが

理解できていないですね。

 

(その86)ダメなキャラクターデザイン

キャラクターデザインでありがちなミスとして

そのまんまの動物というのがあります。特にそ

れになりがちなのが猫キャラです。猫は丸と三

角の構成で成り立ち最初から記号化された顔を

しています。ですから私は猫をメインキャラに

するのをやめました。また猫科の動物はみんな

同じ顔をしているので変化をつけづらいという

欠点があります。

猫顔

猫の顔は誰が描いてもこんな顔をしています。

これをオリジナルキャラと主張するのは無理が

あるのです。WANBOXのプチワンを猫に置き換

えただけのジバニャンは本当に底の浅いキャラ

だと思いますよ。

 

(その85)情報過多の時代

これだけ世の中に情報が溢れると、いったい何

が正解で間違いか分からなくなってきます。立

場が変われば見解も変わるので情報発信は大変

です。あまり正解だけを語ろうとすると筆が止

まってしまいますので、自分は今思うことを素

直に解りやすく書くことにしています。なるべ

く面白い内容にするためには何が必要かを考え

るとやはり自分の本心を出して行かなければな

らないと思うわけです。誰もが表現できる時代

ではあるものの情報過多になり、もはや個々の

影響力は縮小しているように思います。情報は

無料に向かって行きますのであまり欲を出さず

多くの人が見てくれたらラッキーだと思ってい

るほうが健全かもしれません。かつての情報産

業はスリム化しなければ維持できなくなってき

ていますしコンテンツも同じようなものが増え

て利益につながりにくくなっています。巨大IT

企業以外はより細分化された情報か個性を出し

ていくしかないと予想されます。

 

(その84)アートでは結婚できない3

夏目三久が結婚してしまいました。ファンとし

てはうれしいやら、悲しいやらです。最近はテ

レビはほとんど見ていませんでしたが、彼女の

出演している番組はチェックしていました。こ

れからも応援していきたい人ですね。しかし、

やはり稼がなければ結婚はできませんね。

2021.4.4

 

(その83)そっくりさん3

また懲りずに妖怪ウォッチのアニメが2021年

4月から始まります。これはWANBOXの模倣

作品であり同じようなアイデアが随所に使わ

れているため使用を許可しておりませんが、

完全に無視されています。個人の著作権が侵

害され勝手に商品化されています。これは個

人のネット表現の未来に関わる問題です。社

会で監視して個人のアイデアを守る必要があ

ります。関係者には売上の全額の返還をお願

いします。2021.3.21

妖怪ウォッチ

 

(その82)週刊少年ジャンプは大丈夫?

漫画雑誌の発行部数の減少が止まらないよう

ですが、その代わりに電子版が伸びていると

言う人がいます。ところが有料会員の数字が

はっきりしていないところを見ると苦戦して

いることは間違いないでしょう。鬼滅の刃の

ヒットもおそらく広告宣伝費を集中させジャ

ンプ復活を印象付けるのが目的だと思います

が、こうしたヒットは長続きしません。ジャ

ンプの手法の集大成がワンピースでありこれ

が最後の大ヒットになります。漫画で新たな

体験を得るのは至難の業です。私は漫画雑誌

を買っている子供を最近見たことがありませ

んが、週刊少年ジャンプ発行部数が100万部

を超えているのは信じられません。残念なが

ら私の感覚では漫画を読む習慣が消滅して、

娯楽の中心はネット動画、ゲーム、VRに完全

に移行したように思います。2021.3.21

 

(その81)新作を作らない理由

WANBOXのファンの人は新作を望んでくれて

いるかもいれません。しかし残念ながら現在

ではその予定はありません。世界最強のキャ

ラクターを目標にして制作してきましたので

私自身もWANBOXを超えるものは作れない

のです。現在はオリジナルグッズかフィギュ

アのような物を考えています。外部に発注し

てしまえば楽なのですが、資金と在庫リスク

を考えれば個人クリエイターには負担が大き

いですよね。品質と量産とコストを考え可能

な限り手作りで魅力的な商品は作れないか考

案中です。今後、個人クリエイターの収入源

のモデルになればいいと思っています。その

可能性を秘めているのが3Dプリンターです

が課題は多いですね。一般に流通している商

品は本当にクオリティが高いと思い知らされ

ます。

 

(その80) 好きな映画4

セッション

面白い映画はいつまでたっても忘れないもの

です。その一つが2014年の「セッション」で

す。音楽系の映画ですが、アート全般に共通

する葛藤が描かれていて若いころの自分を思

い出してしまいます。この作品を見ていると

お金を稼ぎたいなどと言っている暇はありま

せん。ネットの表現活動もこれくらいやらな

いと人を感動させることなどできないと考え

てしまいます。もう一つ音楽系の映画で面白

かったのが2018年の「Green Book」です。

こちらは音楽やアートの力を再認識させられ

る感動作品です。

グリーン ブック

 

(その79)そっくりさん2

NHK教育テレビの「いないいないばぁ!」と

いう番組のワンワンというそのまんまのキャ

ラクターがいるのですが見た目も普通の犬で

特別デザインが優れているわけでもありませ

ん。ところがWANBOX発表直後に突如二次

元キャラクターになりました。元の実写版を

見ていただければ右の図のように鼻と口が前

に飛び出していますが、左のキャラクターは

WANBOXのPunchにそっくりです。元の実写

を二次元キャラクターにするのであれば右の

ように斜めから立体的に描くのが普通ですが

いないいないばぁのワンワンは横を向くこと

は決してありません。意図的にそっくりにし

ているとしか思えません。私はWANBOX発表

直後は発表時期をわざと明確に表示していま

せんでした。すると困ったことに、こうした

細工をしてくる人間が大勢出てきたのです。

 

 

(その78)タレント業の難しさ

若くして成功している人といえばアイドルタ

レント、YouTuberなどありますが、街の似顔

絵師も同じで若い人はそれだけで集客力があ

ります。さらに美男美女となれば存在だけで

どんどん人を惹きつけ他の人の数倍を稼ぎ出

します。この差は非常に残酷なものです。と

ころが誰もが年を取ります。20代で稼げてい

るからといって努力を怠ったり、人脈を大切

にしないと30代以降伸びません。若さから実

力での勝負になった時が本当のスタートなん

だと思ったものです。私は35歳で似顔絵師

はとりあえず引退しました。画力が上がって

も集客力はどんどん落ちて生活が立ち行かな

くなった為です。タレント業は年齢と共に自

分の価値が変化していきます。その事実を客

観的に分析して変化していかなければならな

いところが難しいですね。この変化に対応で

きず精神を病んでしまう人もいます。そうな

らない為にネットを使って年齢が関係ないコ

ンテンツを考えておくことも大切ですね。

 

(その77)表現力はごまかせない

最近はいろんな場所でランキングが発表され

ています。しかしその順位で明らかに情報操

作されていると思う物があります。そもそも

アンケートが何処で誰になされた物なのか、

聞き取り人数が極端に少ない物など鵜呑みに

できない物が多いと感じます。いわゆるゴリ

押しですが、はっきり言って表現力は見れば

すぐ分かります。私も映画、音楽、漫画、イ

ラスト、似顔絵などかなりの作品を見てきま

したのでその作品がどのくらいのレベルにあ

るか、何をターゲットにしているのかほぼほ

ぼ分かります。ビジネスマンはこの部分を軽

んじている場合があります。情報操作をして

ランキング順位を上げても表現力が追いつい

ていないので違和感で異常に目立ってしまい

ます。ゴリ押しをやると視聴者がすぐ逃げて

しまうと思うのですが、まだまだ有効だと考

える人がいるようです。他にもインフルエン

サーを使ったステマ、コラボなどいろんな戦

略がありますが、長い目で見ればゴリ押しは

無駄な投資ですね。

 

(その76)2021年やるべきこと

ネット動画を見てみると簡単に稼げそうな情

報が沢山あるのですが、実際やってみようと

すると必ず壁にぶち当たります。その原因は

難しい部分をそぎ落とし耳ざわりのいい言葉

で集客しているからです。誰もが今以上の収

入を得たいと思うものです。その為には多く

の時間と労力をさらに費やさなければいけま

せんが、ほとんどの人はそうできません。お

金を稼ぐことを目的にすると、自分の適性に

向かないものに手を出してしまい十分能力を

発揮できないのではないでしょうか。ですか

らここで発想を変えてぜひ今年からは自分が

夢中になれることを行い、それをネットで発

信してみてはどうでしょうか。お金が稼げな

くても長く続けられるものがよいですね。数

年後には価値ある経験がお金に代わる瞬間が

来るかもしれません。

 

(その75)そっくりさん

2011年に作られたアンパンマン像がWANBOX

のPunchにそっくりのポーズになっています。

偶然だと思いますが私は2008年の発表です。

punchアンパンマン像

 

(その74)婚活動画を見て思う事

最近は結婚について考えることが多いので婚

活動画をよく見ているのですが、その条件を

聞いていると頭が痛くなります。私自身も期

間雇用で働いているわけですが、そうすると

ほぼ絶望的になります。最低500万円以上の

年収を求める人が多いなんてことを聞くと未

婚率が跳ね上がるのも納得できます。働き方

が大きく変わり悪く言えば不安定で正社員で

も40代からリストラが始まる時代に新たな結

婚観を提示する必要がありそうです。見えて

くるのは低コスト、シェアリング、ネットの

活用などですが、そんな内容の恋愛ドラマな

んかが今求められているように思いますね。

男女とも古い価値観を捨てあまりお金に縛ら

れず、ネットの情報で知恵をつけ低コストの

結婚生活を実現できれば未来は明るいのでは

ないでしょうか。結婚相談所の内容はなんか

古いんですよね。妥協を求めるのではなく新

たな生活スタイルを提案してほしいですね。

結婚には夢がないといけません(笑)。

 

(その73)アートでは結婚できない2

ビジネスそっち退けでアートを追求しすぎて

婚期を完全に逃してしまいました。人生にお

いて一度ぐらいは結婚してみたいので突然で

はありますが、ダメもとで彼女募集してみよ

うと思います。WANBOXのファンで夏目三久

のような長身、ショートカットが似合う感じ

の女性の方メールお待ちしております。もち

ろん本人でもOKです(笑)。

こんな人はなかなかいないですよね。

 

(その72) Web漫画市場の問題点

Web漫画サイトは順調に拡大しているのでし

ょうかうか。無料漫画を試してみる人は多い

かもしれませんが、課金してまで見る人はど

の程度いるのでしょうか。スマホがない時代

は漫画の競合相手になる娯楽が身近にありま

せんでした。よって読者側が漫画の表現を必

死に理解するしかありませんでした。しかし

今は漫画よりも簡単に楽しめる娯楽がスマホ

により入手できます。これは今までの漫画レ

ベルを超えなければ競争に勝てないことを意

味しています。ところがWeb漫画はクオリテ

ィーを度外視して作品数を多くしています。

サーバーのコストだけなので作品数が多い方

が有利だと考えてしまいがちですが、実は逆

です。つまらない作品を見たり、おもしろい

作品をすぐに見つけられない場合、閲覧者は

すぐ逃げてしまいます。Web漫画業界全体が

作品のクオリティーを紙時代よりも一段上げ

ていかないと産業として根づくことはないと

思います。すなわち相当難しい話なのです。

絵を描く仕事として漫画家稼業は残ってほし

いですが前途多難と言わざるを得ません。

 2020.12.8

 

(その71) YouTuberの今後

小学生の将来成りたい職業に近年YouTuber

が上位に入っています。しかしネット動画は

表現するための手段でしかありません。ブロ

グ、ホームページ、小説、漫画、なども同じ

で表現したいことがまず先にあるべきです。

私はホームページ作成のためにHTMLやソフ

トを勉強したことがあります。ところがホー

ムページのデザインに凝って見栄えをよくし

ても情報の質が悪いと意味がありません。む

しろイラストを載せるホームページならば無

駄なデザインはいらないという結論に至りW

ANBOXはシンプルなデザインです。あなた

が絵画を買ってきたとして飾る場所を考えれ

ば、シンプルな壁に飾るのが一番絵が目立つ

ことはすぐにわかると思います。話がそれま

したが、YouTuberはこれから参入者が増えて

競争が激化します。ですから量から質へ変化

していくことでしょう。しかし表現者の力量

でまだまだ拡大します。他のメディアと比べ

れば将来有望で個人の価値を広める方法とし

ては一番いいと思います。今後YouTube以外

のものが出てくる可能性はありますがネット

動画はこれからです。またテレビのようなビ

ジネスモデルはますます厳しくなると思いま

す。私自身の話をすれば、以前WANBOXへの

広告掲載依頼がいくつかありましたが、作品

の中に広告が入るのが好きではないので断り

ました。オンラインサロンについても会員が

満足できる場を作るのは結構大変で自分には

向かなそうです。今は作品の価値をさらに上

げ世界の人に見てもらうことに集中したいで

すね。 2020.12.6

 

(その70) 鬼滅の刃について

2020年のヒットに「鬼滅の刃」というのがあ

り、アマゾンプライムでアニメで見てみまし

た。ところが善逸というキャラクターが苦手

でそこで必ず寝てしまいます(笑)。途中まで

の理解では人生に絶望した人間が鬼になり誠

実な主人公炭治郎と出会い対戦した結果、最

後は人間として成仏することに感動するのだ

と思いました。内容はおそらくこれだけ広告

費を掛けているので、ある程度専門家の評価

は高いはずですが、テレビが番組内で一斉に

取り上げるのは違和感があります。CMを打

つのは分かりますがテレビ番組内であるひと

つの作品を繰り返し取り上げるのは公共性、

公平性が欠如しているように思えます。国民

が知るべき作品は他にも沢山あるはずですが

今のテレビは拝金主義だと言わざるを得ませ

ん。本当にヒットしているのかヒットさせた

い為に取り上げているのか、テレビの情報番

組の信用度には疑念が残ります。こんな経験

は定期的にあり、前回は確か「君の名は。」

でした・・・。

 

(その69) 好きな映画3

漫画原作の映画は数多いですが最近見た物に

アリータ:バトル・エンジェルがあります。

映像も素晴らしかったですが、CGの主人公

が自然でストーリーに引き込まれました。原

作の銃夢という漫画は読んだことはありませ

んが、映画のこのクオリティーを見てしまう

と、これで十分満足してしまいます。もちろ

ん続編も映画で見たいですね。これから漫画

はこういった映画コンテンツとスマホで競う

わけですから大変です。「漫画で人気がでる

と映画化されるので競合しない」と言う人も

いるかもしれませんが小説や漫画にはお金を

払わない人が今後増えると個人的に予測して

います。漫画という不利な表現方法でも人気

を獲得できるシンプルなアイデアの発見が漫

画家にとって勝負になりますが、年々難しく

なっているのが現状です。

アリータ:バトル・エンジェル

「悪の存在に対し、見て見ぬふりはしない」

かっこいいですよね。

 

(その68) アートでは結婚できない

今の時代はネットで情報も娯楽も表現の場も

揃っています。生活レベルを上げすぎなけれ

ばあまり物は必要ありません。私は地方都市

に住んでいますがパソコンとバイクがあれば

不満はありません。ところが結婚となれば話

は別です。これまで付き合った人は何人かい

ましたが自分の創作活動を優先してしまった

為うまくいかなかったです。そうでなければ

このWANBOXは生まれていなかったので仕方

がありません。自分はビジネスには向かない

ので理想の相手はCFOができる彼女兼ビジネ

スパートナーですが現実は難しいです。ちな

みに好みのタイプは長身でショートカットが

似合う女性です(笑)。

 

(その67) 激変する日本社会

ネットワーク社会、グローバル化により社会

の変化が加速しています。世界的競争激化か

ら終身雇用は崩れ労働環境は流動的になりつ

つあります。今まで豊かだった日本もこれか

らは厳しい時代になりそうですが、私は30

年も前から予測して対策を考えていました。

すべて成功しているとは言えませんが、コン

テンツホルダーになることは達成できたと思

っています。新しいことをやろうとする人を

保守的な人は理解できず異端者として扱いま

す。学生の頃、サラリーマンの頃、似顔絵師

の頃も理解されず結構バカにされました。他

人と優先順位が違っていて協調性がないと言

われることが多いです。しかし新しいイノベ

ーションを起こす人間は古い習慣を捨て、保

守的な人間との闘いに勝たなければならない

のは当然です。これからの生存戦略は変化す

ることです。会社の看板をはずした時、自分

がどの程度承認されるか冷静に判断すべきで

す。私の場合コンテンツであるWANBOXが自

分の価値だと言い切れます。

 

(その66) 有名人の似顔絵

似顔絵の醍醐味といえば有名人の似顔絵です

よね。私もこのサイトで似顔絵を趣味と練習

の為に掲載していますが、最近思うことは現

代の有名人とは誰なのかということです。以

前ならばテレビに出ている人が皆が知ってい

る有名人だと言えました。しかし最近はテレ

ビを見る人よりネットを見る人が増えていま

す。ならばネット動画のアクセス数を見て有

名人とすべきか迷うところです。アクセス数

や登録者数、フォロアー数などはおそらくい

くらでも操作可能だと思うのです。いずれに

しても有名人と似顔絵文化は切り離すことが

できません。また似顔絵は少し笑える感じで

デフォルメするのが楽しい物ですが、人によ

っては傷つく場合もありますし、勝手に使わ

れるのは納得がいかない人もいると思うので

削除依頼はメールでお願いします。

 

(その65) ネットが現実世界を超える

私が就職活動をした20数年前はテレビ業界

に就職希望の人は沢山いました。テレビの中

は華やかで、活気に満ち溢れているように見

えました。視聴率獲得の為に洗練された情報

は現実よりも分かりやすいストーリーを付け

感動的で快楽的に作られています。結果、多

くの人がテレビに釘付けになったし、人も集

まりました。この傾向はテレビの時代からネ

ットの時代になりさらに加速します。画像、

映像は最高の瞬間が使われますし、さらに加

工されているものもあります。話は誇張され

るのは当たり前、世界中のニュースがリアル

タイムで配信されます。刺激的な情報がダイ

ジェストで途切れることなく流れてくるので

スマホから目が離せなくなります。現実の感

動を遥かに超えてしまっています。さらにネ

ットは仕事と結び付き始めています。「ネト

ゲ廃人」という言葉がありましたが、ネット

ワークゲームで生活費を稼ぐようになればそ

の考えは一変します。今後多くの人がネット

の世界で稼ぐようになればネットの世界が現

実社会になるかもしれません。

 

(その64) パソコンとの出会い

私が初めてパソコンに触れたのははっきりと

覚えてないのですが小学生の頃で、パートで

働いていた母が職場でパソコンで入力する仕

事があるらしく東芝のPASOPIA7を買ってき

たのが最初です。当時パソコンが家にある小

学生は私が知る限り一人もいませんでした。

多くの友人はファミコンをやっていました。

私はまだ無名だったエニックスのファイアー

ドラゴンというパソコンゲームを夢中でやっ

た記憶があります。その後BASICでテトリス

などのプログラムを自分で打ち込んで遊んで

いました。当時のグラフィックはひどい物で

したがパソコンで絵を描く時代がすぐくると

感じました。

 

(その63) 暗記力から表現力の時代へ

私自身学生の頃から暗記が大の苦手で、退屈

極まりなかったです。ですから漢字、歴史、

英単語など文系科目はほとんど勉強しません

でした。また試験勉強や受験勉強も頑張った

記憶がありません。ノートの余白を見るとつ

い絵を描きたくなってしまうのです。絵を描

くには他人に注目される、驚かせる、感動さ

せる為の仕掛けを考える必要があります。他

人が自分の思いどうりの反応をしてくれた時

は大変うれしいものです。私にとって絵を描

く習慣がまさに表現力の蓄積になっており、

この差は大学卒業後から表現活動を始めた人

では追いつけないぐらいのアドバンテージに

なっていると考えています。そこにインター

ネット時代が到来して表現力を生かせる場所

ができたので自分はラッキーでした。

 

(その62) 似顔絵時代の苦悩

似顔絵会社に所属していた頃は個人事業主契

約ですなわちすべて自己責任でありました。

さまざまな遊園施設、ショッピングモールへ

派遣されるのですが交通費は個人負担で完全

歩合制です。地方出身者は20万円ぐらいは

稼がないと交通費、画材代、部屋代、その他

必要経費を捻出できません。個人事業主であ

りながら同業の営業はできず不満を言えば会

社を頼るなと言われます。会社が事業拡大す

るたびに長距離移動させられ新規の現場は認

知度が低いため売上がその都度落ちます。新

人はある程度優遇されますが、もう後には引

けなくなると途端に厳しくなります。こうし

て生かさず殺さずの状態に調整されます。こ

れはやる気の搾取としか言えません。会社の

問題点を訴えても東京在住の実家通いの画家

はサラリーマン経験に乏しく個人事業主のリ

スクにまったく気づきません。不満を言う人

間を完全に孤立化して契約解除にもっていき

ます。私もその方法で会社を去ることになり

ました。最大の問題は似顔絵でまともな生活

などできないと分かっていながら人を募集し

ていることです。結果多くの若者が全国から

集まるのですが、すぐに将来性に疑問を持ち

去っていきます。今、社会全体で正社員から

個人事業主への流れが出始めていますが疑問

を抱かざるを得ません。ちなみに私なら似顔

絵は副業として土日祭日にやることをお勧め

します。

 

(その61) ポケモンのデザイン

個人的にポケモン、デジモンのデザインは好

きではありませんが、動物をモチーフにする

と多少なりとも似てしまうものがあります。

その1つにポケモンのブルーがあります。こ

のキャラを知ったのはWANBOXを発表後何

年も経ってからです。ピンクのブルドッグな

ので印象は近いのですが、全体のシルエット

や体形、パーツやバランスは全く違いますの

でこのままでOKだと判断しました。

ドーザーブルー

作者自身ポケモンのキャラに影響を受けたこ

とはまったくありません。

 

(その60)美人は得か?

「美人は得か」は永遠のテーマに近いのです

がキャラクター的に考えてみるといろいろ思

う事があります。美男美女キャラは顔の癖が

少ないので第一印象で多くの人に受け入れら

れやすいのだと思います。ところが漫画の主

人公で考えてみると何か物足りなさを感じま

す。個性の強いキャラは一度受け入れられる

と根強い人気を獲得できるように思えるので

す。現実の人間でも個性的な顔の人は実力が

伴えば伴うほど個性が映えて長期にわたり人

気を得られるように思います。

 

(その59)男性キャラ

以前美人画を描きましたが美男キャラも描い

てみました。自分にとって整った男顔のイメ

ージを可能な限り個性をおさえて描いてみま

した。特にモデルもいません。その結果、昔

と今とで大きく美男の印象が変わったように

思います。昔の美男は骨格がしっかり描かれ

特に顎は今より力強い印象でした。最近の美

男は顎がシャープになりより中性的になった

ように思います。昔は短髪で眉毛が太い物が

多い印象で、最近の物は長髪、細い眉毛が流

行と言えそうです。

男性の顔

この二人なら昔なら左が男前キャラ、今なら

右が男前キャラの印象に自然となってしまい

ます。実際人間の顎は食事の変化により年々

細くなる傾向にはありますし肉体もスマート

になっています。よって価値観が変化するの

も当然です。

 

(その58)好きな映画2

インターネットで表現活動をして世界を驚か

そうとしているアーティスト志望の人におす

すめの映画が「The social network」です。

世界最大のSNS「Facebook」誕生の裏側を

描いた作品ですがアイデアが形になるまでの

困難が非常にリアルに描かれていて参考にな

る部分が多いです。特に興味深いのがショー

ン・パーカーの台詞で「20代でIT企業のト

ップになるとどうなると思う?」です。答え

は映画を見てください。この映画で起こった

ことはあなたがネットで有名になる過程で十

分に起こりえることです。

the social network

 

(その57)徹底的にこだわる

イラストや漫画を描くうえで重要なことは、

こだわりを持つことです。こだわりがないと

作品全体のあらゆる部分にブレが生じます。

例えばキャラクターに徹底的にこだわると描

写にも個人的ルールが生まれ統一感が出てき

ます。こだわりが少ない作者は次元の全く違

うキャラクターを同時に登場させて世界観が

バラバラになります。行動や台詞にもこだわ

り重厚なキャラクターにしなければいけませ

ん。さらにブレをなくす為には、絵を描く以

外に自分の趣味嗜好、倫理観、正義感、価値

観も追及する必要があります。こだわりを持

つことは簡単ではありません。他作品のいい

とこどりでは視聴経験の少ない若年層には通

用しても本物は作れません。

キャラクターのよくあるイメージを描いてみま

した。もう少しこだわりがないとすぐに飽きら

れてしまいます。

 

(その56)ネットの中に成功への答え

はない

ビジネス系動画をよく見る人はネットのど

こかに成功へのヒントが語られていると思

い毎日多くの時間を費やしているわけです

が、しかしよくよく考えてみると人それぞ

れ年齢、性別、好み、知識、体力、学歴、

価値観、経済的状況、経験などが違うので

全く自分にあてはまらない、自分のことと

して落とし込めないと気づきます。もし成

功の為のアドバイスが欲しいのであれば、

自分のことをよく知っている親、先生、師

匠、友人に相談するほうがまだ意味があり

ます。ビジネス系動画を見た直後は有意義

な時間だったと思っても、数日たったら全

く覚えていないことはよくあることです。

すなわちビジネス系動画を見ることは学習

ではなく娯楽として見るという認識が必要

です。ビジネス系動画といえど見すぎは時

間の無駄であり、本当に自分がリスペクト

している人に絞る必要があります。それで

も私自身無駄にネットを見るのが楽しくて

しょうがないのですが(笑)。多くの人は

成功の秘訣をすでに知っています。コツコ

ツ毎日考えながら続けることです。しかし

それができず楽な方法をネットで探してし

まうのです。

 

(その55)好きな映画

好きな映画のジャンルについてはSFと答え

ることが多いです。特にS・スピルバーグ、

J・ルーカス、J・キャメロンの映画を好ん

で見てきました。この3人の映画は商業的

にも成功していることから映画娯楽の王道

を学ぶのに最適だと思います。最近見たも

のにReady Player Oneがあります。カン

ボジアの首都プノンペンのイオンモールで

初めて4DXで見ましたが非常に面白かった

です。日本のキャラクターも沢山登場して

います。ぜひ続編ではWANBOXも使ってく

ださい(笑)。

逆に苦手なジャンルはファンタジーです。

大人になるにつれてファンタジー物を見る

のが辛くなってくる人は結構多いのではな

いでしょうか。どうせなら大人も楽しめる

コンテンツを目指すほうが夢から覚めるの

が遅くなるので得なのではないかと考えて

しまうのは私だけでしょうか?

 

(その54)美人画について

人物イラストを描く場合、美男美女から始

める人は多いと思います。この場合一般的

に美人とはどんな顔なのか認識しておく必

要があります。私の認識として整った顔、

平均的な顔、個性が少ない顔などです。最

初に美男美女を練習するのは正解で自分の

人物キャラクターの基準になり、デッサン

の狂いを修正するのにも役立ちます。とこ

ろが美人だけ描いていても人物表現の幅は

広がりません。そこで私は似顔絵を取り入

れました。キャラクターデザインを考える

場合これは大きな武器の1つになり、他人

と差別化できるきっかけになりました。

美人画

美人画はパーツのサイズと配置の微調整が

多いので今ではあまり描きたくない分野で

はあります(笑)。

 

(その53)ネットの活用の仕方

ネットでイラストや似顔絵を描いてもなか

なか他人と差別化するのが難しいと思った

ことはないでしょうか。たしかに絵の上手

い人は沢山いますが、絵が上手いだけで注

目されるのは容易ではありません。注目さ

れるためのロジックが必要になります。絵

を描く練習よりもこのロジックが重要で時

間の8割は頭で考えています。これを後回

しにして絵の練習ばかりしていると自己満

足で終わりがちです。例えば美少女キャラ

を描きたい人がいたとして、仮に描けるよ

うになったとしても、ライバルが多いので

差別化できないといった場合です。この打

開策をいくつか考えつきますか?せっかく

美少女キャラを描けるようになったのにそ

こで止まってしまう人が多いと思います。

答えはそこに自分の得意分野をどんどんく

っつければいいのです。絵を描くためには

知識がないと描けません。自分の得意な物

をどんどんくっつけましょう。それでも同

じことをやっている人はまだいます。誰も

やらない方法で自分を鍛えてさらに新たな

ものをくっつけましょう。

 

(その52)無料でも読まなくなった漫画

最近の自分の行動を分析していると、漫画

を全く読まなくなっていることに気づきま

した。自分が年を取ったせいもありますが

他のコンテンツはまだ目を通しているので

漫画に原因がありそうです。漫画雑誌やコ

ミックの実売部数は正確にはわからないの

で想像でしか言えないのですが、減少のス

ピードはかなり早いのではないかと思いま

す。漫画のジャンルで大きいのがバトル物

ですが能力バトルには読者は正直飽きてし

まっています。また批判を恐れるあまりゾ

ンビ、モンスター物、妖怪、鬼、お化け物

が増えすぎです。人間同士の対峙が減り、

モンスターをバッタバッタと倒すだけのス

トレス発散系にも原因があると個人的に考

えています。ところが新ジャンルを開拓し

ようとしても残念ながら漫画に釘付けにな

るほどのアイデアがなかなか見つかりませ

ん。活字だけの小説と同様、漫画がビジネ

スの中心でいられた時代は終わりを迎え、

ネットと動画にシフトしたと考えるのが自

然であります。それでも小説や漫画の価値

が完全になくなることはありません。

 

(その51)ネットの威力

ネットで発表してかなりの時間が過ぎたわ

けですが、最初の頃はアクセス数が全く上

がりませんでした。なんとかしなければと

思ったのですがそれでもいい作品をマイペ

ースで作りつづければそのうち結果がつい

てくるだろうと気長に考えていました。真

似されても負けないロジックがあったので

いづれは拡散されるだろうと思っていまし

た。アクセス数を伸ばす方法はいくつかあ

りますが、最善の方法は良質の情報を流す

こと以外にはありえないと考えています。

海外に行ってWANBOXの撮影をしている

とネットで見てくれた人から声をかけられ

ることがあります。場所さえわからない国

の人もいました。ネットでの広がりは想像

をはるかに超えていると実感します。

アンコールワット

ベルサイユ宮殿

バチカン市国

 

(その50)上手い絵とは

あまり絵を描くのが得意でない人は細かく

描きこんだリアルなものを上手いと考えが

ちです。ところが手数が多い分ごまかしが

効きます。絵を長く描いていると簡単に見

える絵の方が非常に計算されていて無駄が

なく驚かされることが多くなってきたよう

に思います。一方で漫画にとって絵の上手

い下手よりも大切なことは、魅力的なキャ

ラクターをデザインできるかどうかです。

正直絵の上手い漫画家は沢山いますが、魅

力的なキャラクターを次の世代に残せる人

は数少ないと思います。

リアル画

細かく描きこむとなんとなく上手く見えるん

だけど無駄も多い。正解はないんだけど。

 

(その49)3Dプリンター

キューブギア

elegoo mars proは予想以上に安定して出

力できているので驚きです。小さいパーツ

は薄い部分は反り返りがあるもののかなり

の精度があります。しかしサポートが必要

な底面は若干不安定になります。また心配

していたUVライトの配列による欠けは今の

ところ見当たりません。ただ熱溶解積層方

式にくらべ消耗品が多く、そろえる道具も

多いので本体が安くてもコストがかかりま

す。しかし表面が非常にきれいでその処理

時間を考えるとパフォーマンスは高いと思

います。

cubegears

CubeGearsなるものを作ってみましたが強

度はさほどないため稼働部分の軸が折れて

しまいました。いずれにしてもデータを立

体化するのはクリエイターにとって非常に

重要で且つ楽しい作業であります。

 

(その48)コロナ禍

コロナ禍により今年は海外旅行には行けそ

うにはありませんが、それ以降もどうなる

かわかりません。そこで何か別のチャレン

ジとして光造形3Dプリンターを購入しま

した。これまでは熱溶解積層方式の3Dプ

リンターを使っていましたが精度が必要な

ものには対応できませんでした。それぞれ

にメリットとデメリットがあるので使い分

けが必要です。コロナ禍により生活スタイ

ルが変化しているのでこれをチャンスとと

らえて何か新しいことを始めるのがよろし

いかと思うわけです。特に人は今後ますま

すネットに依存して動かなくなるのでネッ

トで表現することがより重要になりそうで

す。しばらく3Dプリンターで創作してみ

ようと思いますが旅行に行けないのは残念

ではあります。2020.7.26

elegoo mars pro

elegoo mars proを2台amazonで購入しました。

3Dソフトはblenderを使っています。

その他にup plus2があります。

 

(その47)パロディ漫画

パロディ物は他作品の世界観を模倣して作

るので簡単なのですが元の作品に比べれば

ほとんど価値はありません。もしパロディ

作品として「北斗の犬」、「ジョジョの微

妙な冒険」、「ゼイ肉マン」などのシュー

ル系漫画があるとしたらあなたは評価でき

ますか?

 

(その46)ワンパンマンについて

onepunchman

ワンパンマンというキャラクターを調べて

みました。2009年にネットで公開された漫

画のようですが当時よく見られたアンパン

マンのパロディ物です。これをコミック化

アニメ化にするなどプロの仕事とは思えな

いのですがどうなんでしょうか。最初のこ

ろはWANBOXと同じようなデザインも見受

けられました。不思議なのはこの内容と絵

で動画アクセス数と評価が異常に高いこと

です。公共の電波などを使って情報操作は

いつものことですが...。

 

(その45)仕事がなくなる日3

将来仕事で困らないためにはAIやロボット

にはできないクリエイティブなことをやる

必要があるとよく聞きますが、多くの人は

そんなことできるのかと不安になると思い

ます。はたしてビジネスの世界で新たなイ

ノベーションを起こせるのか。ネットを使

った表現活動は難しいのではないか。とこ

ろがクリエイティブなこと以外に人間にし

かできないことがまだあります。それは人

間同士の競技です。AIが人間の頭脳を超え

ようとロボットが人間の肉体を超えようと

人間同士の競技は無意味なものにはなりま

せんしこれまでと同様に感動を与えてくれ

ます。例えばけん玉のプロ、スケボーのプ

ロ、カラオケのプロ、ゲートボールのプロ

といったように多くの競技者を作りそれを

産業の中心にしていけば将来楽しい社会に

なりそうだと個人的に思うわけです。この

ようなシステムがない現在、労働単価は下

がりつづけ仕事は派遣とアルバイトばかり

になり、最後は自動化、無人化になり失業

者で溢れる結果になります。残念なことに

労働で得られる富は年々少なくなっている

のでベーシックインカムはなるべく早く実

現してほしいものです。ちなみに知的労働

も例外ではありません。

2020.6.5

 

(その44)仕事がなくなる日2

雇用機会が減少していく中で大切な事は少

なくなった仕事を取り合うのではなくワー

クシェアすることです。1日の就労時間を

半分に減らし休暇を倍に増やします。年2

回の長期休暇(バカンス)をとります。基

本的な生活はベーシックインカムで保守し

ます。こうして自由な時間をつくり新しい

ことに挑戦できる環境を整えます。これか

らの時代は趣味、遊び、スポーツが産業の

中心になってきます。これらをネットを使

って人気を獲得し雇用の受け皿にします。

考えつくあらゆるものを競技化して規模を

大きくし、すべての人が何らかのプロプレ

イヤーに成り得るようにします。またネッ

ト配信する人やトレーナー、サポーター、

オーダーメイド用品などの雇用が生まれま

す。趣味や遊びにはお金を使う人は多いの

で経済的にも有効です。多くの人は時間に

余裕ができるので自分の好きなものを今以

上にネットで見るようになります。ニッチ

なものでも世界レベルで見れば十分な人気

を得られると思います。野球が上手い人は

スカウトマンの目にとまり自動的にプロの

世界に入れます。これをあらゆる分野でシ

ステム化して誰もが趣味からプロへ移動で

きるようにする必要があります。動画サイ

トなどでは10年後に仕事がなくなるので今

から勉強しろと言う人が多いのですがその

程度では街は失業者で溢れます。

(つづく)   2020.5.31

 

(その43)仕事がなくなる日

「10年後になくなる仕事」についての記事

を度々目にすることがあります。人工知能

(AI)やロボットによる自動化、無人化が進

み今ある仕事の半分以上がなくなると予想

されています。これまでならば産業革命で

求められるスキルは変化し新たな仕事が生

まれてきました。ところがこれからの産業

は多くの人を雇用する形態をとりそうにあ

りません。便利さの追求の行き着く先は仕

事をしなくても生きていける社会であるの

で仕事がなくなるのは当然といえば当然で

あります。この先ビジネスの分野で活躍で

きる人はどんどん減っていきます。これま

でサラリーマンで働いてきた人が自分の時

間で学習したからといって新たなビジネス

を立ち上げるのはほぼ不可能と言っていい

でしょう。おそらく多くの人がネット動画

の世界に活路を求めて雪崩れ込んでいくと

思われますが問題はネット動画は簡単では

ないので社会全体で見れば雇用の受け皿に

は小さい訳です。沢山の人が活躍できるシ

ステム作りが必要になってきます。

(つづく)   2020.5.20

 

(その42)Adventure Timeについて

アドベンチャータイムというキャラクター

を調べてみました。放送開始の2010年に

大きくデザイン変更されたみたいです。

 

(その41)アイデアを守るのは大変

若いネットクリエイターのためにネット上

のアイデアを保持することの大変さを書き

ます。苦労して作った作品でもすぐに横取

りを目論む輩が出てきます。やり口として

はまず少し形を変えて似たような作品をネ

ット上にアップします。お金を使ってアク

セス数を稼ぎ何百万アクセスがあったと公

言しすでに社会に浸透していることを印象

づけます。一方でアイデアを真似しつづけ

て模造作品を既存メディアで流しまくり骨

抜きにします。同じポーズで巨大なキャラ

クター像までつくります。次は作品発表時

期の変更です。構想10年とか発表前にネッ

ト上にデータが漏れ拡散してしまっていた

ので実際は発表より数年前であるなど情報

操作で過去を変えてしまいます。私の作品

は2008年8月の発表ですがWANBOXの制作

開始は遥かに前の2001年になり構想となれ

ばそのまた遥か前になります。2002年あた

りから似顔絵師仲間に似顔絵には限界があ

りキャラクタービジネスをやるべきだと力

説しています。他にも人気のある作品や昔

の作品を使って似たような表現をしてこち

らがあたかも真似しているかのような印象

にもっていかされることもあります。作品

を発表後もこうした情報戦がつづくのでな

かなか大変です。

 

(その40)焦らず地道な努力

昔の漫画家は早い人なら10代でデビューし

ていたので私も早く結果を出そうと焦って

いた時期がありました。しかし自分が目指

す業界が現在どの状態で今後どうなるか考

えなければ無駄な時間を過ごすだけです。

成熟期に入った漫画業界は新人がヒット作

を出しにくくなっていることに気が付きま

した。若い漫画家の強みは新しい発想と読

者と年齢が近いことで、ベテランになると

画力と経験に頼ることになります。しかし

成熟した業界では漫画界に限らずヒットの

法則が確立してきて高学歴化、サラリーマ

ン化して新人の入り込む隙間がなくなって

きます。新しい発想は少なくなり新人が育

たなくなり結果業界が高齢化してきます。

絵を描く仕事はほぼすべて成熟しきってい

ますから20代で結果を出すのは難しいでし

ょう。しかし焦らずつづけていれば30代、

40代それ以降でそれなりの成果は必ずある

と思います。20代で結果を求めるのであれ

ば時代を読み解きこれからくる産業の波に

乗らなければなりません。しかし20代の成

功は脆く安定しません。やはり継続した努

力は欠かせません。正確には努力というよ

りは習慣、当たり前の日常になっているこ

とが重要です。

 

(その39)フィクションの限界

想像の世界は無限だと言う人がいますがこ

れを他人と共有する場合において必ずしも

無限であるとは言えません。想像の世界は

現実の世界と異なりつじつまが合わないこ

とだらけです。想像の世界ではなるべく矛

盾に気づかれないように複雑なことはやら

ないのが得策です。シンプルなアイデアほ

ど他人と共有するのが容易になります。し

かし漫画やアニメでシンプルなアイデアは

なかなか見つけにくくなっています。この

先業界がもう一度盛り上がるほどのアイデ

アが残っていると考えるのは無理がありま

す。私としてはフィクション自体が斜陽産

業に入った感じさえします。これからはラ

イブ配信を中心としたリアルなコンテンツ

がメインになるような気がします。ノンフ

ィクションのコンテンツには数に制限がな

く無限に作りだせるメリットがあります。

フィクションを目指す若いクリエイターは

なかなかいいアイデアを見つけにくい時代

を生きています。安定した収入を得ながら

ネットを使って表現しつづけるのがリスク

を回避できる方法だと思います。アイデア

はどのタイミングで思いつくか予測するの

は難しいのです。

 

(その38)アニメ産業の未来

漫画やアニメコンテンツの鉱脈は掘り尽く

した感が否めません。漫画やアニメは昭和

平成のコンテンツで令和の時代に同じこと

をしても上手くいかないと思います。過去

の名作はネットでいくらでも見ることがで

きるのでコンテンツ不足になることはあり

ません。以前も書きましたが、漫画やアニ

メといったコンテンツはシンプルなアイデ

アが必要ですが、枯渇してしまっており目

の肥えた視聴者を満足させることが年々難

しくなっているように思います。ネット時

代のコンテンツは動画がメインになること

は間違いないと思いますがその主軸になる

のはライブ配信だと思います。この分野に

は大きな鉱脈がありこれからどんどんコン

テンツが増えてくると思います。ライブ配

信といってもこれまでにあった個人の部屋

から一人で配信といったものにとどまりま

せん。ありとあらゆるスポーツ、コンサー

ト、演劇、祭、行事がライブ配信されるよ

うになると思います。これらは低予算で小

さい組織で運営されると考えます。

 

(その37)情報で感情を動かす

広告はもちろん映画にしろテレビ番組にし

ろ視聴者に印象に残るような情報操作がな

されています。この手法を学び自分の作品

に応用することは大切なことです。例えば

テンポのいい音楽と踊りで印象づける、外

国人がかたことの日本語でしゃべることで

違和感で印象づける、昔流行ったなつかし

い音楽で中高年層に印象づけるなどいろい

ろな手法が使われています。情報を自由に

操ることがネット時代には重要であると同

時に情報により印象操作されてしまうこと

に対応していかなければなりません。また

最近はあたかもすでに流行っているかのよ

うにみせて人を集める手法をよく目にしま

す。個人のアイデアを横取りして一気に社

会に浸透させてしまいます。大手コンテン

ツ会社は自分達の知的財産を主張しますが

個人のアイデアを侵害していることは全く

問題にしません。ネット時代は個人個人が

情報に強くなり、個人の知的財産が守られ

る時代になることを望みます。

 

(その36)漫画家目指した時期

ネットの存在を知る以前は漫画家を目指し

た時期がありました。そのとき強烈に頭に

残っていたのが「魅力的なキャラクターは

勝手に動き出す」という言葉です。しかし

いざ描いてみると魅力的なキャラクターは

簡単ではありません。そもそも魅力的なキ

ャラクターがないのであれば何を描いても

漫画は無意味ではないのかという結論にな

り先へは進めないのです。試行錯誤してい

る内に似顔絵にヒントがあると思うように

なりましたが今考えてみれば間違いではな

かったように思います。正確には漫画家と

いうよりは時代を超えて愛されるキャラク

ターを作ることを目標にしていたのが中学

生くらいのころです。こうして似顔絵とオ

リジナルキャラクターが自分の研究テーマ

になっていったのです。

 

(その35)CGに活路を求めて

大学卒業後は仕事をしながらCGの勉強を

しました。当時はまだ情報が少なかったた

め田舎の本屋でCG関連のものを探すのが

日課になっていました。3DCGソフトが

動かせるパソコンが手頃な価格になってき

たので購入し、その後高額のソフトを買い

揃えていきました。3Dは初めての経験で

新しい発見が沢山ありました。最初は3D

で似顔絵をつくる目的で始めてみたのです

があまり似せられないのと不気味なフィギ

ュアのようで魅力あるものにならずに失敗

しました。次に考えたのが似顔絵アプリで

した。しかしよくよく考えると平面の似顔

絵の描き方がわからないのです。ネットで

調べてもやはり有力な情報はありません。

こうして似顔絵をやるべく無謀ともいえる

上京を考え始める訳です。

 

(その34)ビジネスとアート

ビジネスとして絵を描くこととアートとし

て絵を描くことは別物のようです。お金を

稼ごうとお客様の好みに合わせると作品が

とたんに劣化してしまいます。映画の世界

ではビジネスとしてヒットさせるために内

容を変更することはよくあることですが、

その結果作品の質が落ちてしまうことは無

視されます。似顔絵時代にもお金を稼ぐた

めに絵を描く人とアートとして絵を描く人

とでは考え方がまったく違っていました。

あらゆる場面で作品の質とビジネスとして

の正解が一致しない場面があり困惑するわ

けです。このWANBOXも例外ではなくビジ

ネスにするならばもっと合理的な方法があ

る訳ですが質を犠牲にしたくないために収

益化が進まない訳です。

 

(その33)創作環境を整える

大学卒業後の進路については非常に迷いま

した。自分がやりたいことは漠然とクリエ

イターとしか言えず、就職活動をしても身

が入りませんでした。そこでサラリーマン

をしながら創作活動をするために実家から

近い場所に就職して通勤時間と生活費を節

約することにしました。当時はCGにのめ

り込んでいたので給料のほとんどをパソコ

ンとソフトに使っていました。海外から3

Dソフトを購入したり巨大なモニターを購

入したり、CG関連書籍を購入したりと結

構な額を使ったと思います。このような環

境はやはり実家でしか実現できません。数

万円の家賃代と食費を家に入れればあとは

自由です。東京から実家に戻り再び昔の環

境にもどりましたが創作環境としてはやは

り最高です。現在の社会情勢から考えても

1人暮らしはコストが掛かりすぎると思い

ますし、コンテンツの収益化はそう簡単で

はなく長期戦になると予想されます。イラ

ストや似顔絵を描いて収入を得たり、絵の

教室を開くなど方法は他にもありますが結

局自分の目指すところではないのでやりた

くないことをやるのであれば別の仕事のほ

うが収入額が多いので私はそうしておりま

す。

 

(その32)1人で創作するメリット

このWANBOXはすべて一人で創作してお

ります。コンテンツ会社では多くのスタッ

フを起用して作品をビジネスとして作って

いる訳ですがプロの集団が必ずしもいいも

のを作るとは限りません。もちろんある程

度の質は担保できますがそれ以上を目指す

となれば大変です。プロ意識の高い人や経

験の長い人は自分の価値を曲げませんし、

自分の仕事を手直しするのは嫌がるもので

す。イメージを言葉に変換するのは大変で

なかなか伝わらないこともあります。また

すべてのスタッフが足並み揃えて自分の限

界を超えて作品をアートのレベルに昇華さ

せるように持っていくのは容易ではありま

せん。しかし1人であれば妥協する必要は

ありません。

 

(その31)コンテンツの収益化

創作活動をつづける為には収入がなければ

いけません。収益化する方法は広告を載せ

る、有料化、グッヅの販売、オンラインサ

ロンを開くあたりでしょうか。ビジネス展

開するのは合理的なことをすればいいので

やるべきことはおのずと絞れてきます。し

かし今のところビジネスよりも表現活動に

集中したいのでこの作品の収益化はできて

いません。収益化はどれもリスクがともな

いサイトの運営の安定を損なう恐れがある

からです。今はコンテンツとしてさらに充

実させてWANBOXをまだ知らない人に見

てもらいたいです。もちろん収益化につい

ても勉強はしています。

 

(その30)人工知能(AI)は絵を

描くか?

最近は人工知能(AI)が話題に上がるこ

とが多くなってきました。AIが絵を描く

かどうかは正直私にはまだよくわかりませ

んがもし描けるようになれば人間には到底

できない精巧で矛盾のない合理的な絵にな

りそうなことは容易に想像できると思いま

す。そこで疑問になるのが合理的な絵がど

の程度の価値があるのかということです。

ビジネスの世界では合理性は称賛に価する

のにアートの世界では必ずしもそうではあ

りません。私自身合理的な絵は好きですが

アートの世界の絵は難解なものが多いよう

に思えるのです。理を超えた内面を表現す

るのがアートであると言われればそんな気

もしますが、私はもっとわかりやすいシン

プルなものが好きです。

 

(その29)個性が大事

絵の描き方を教えるのは結構大変でこれが

正解ということはありません。しかし人気

作品や皆がうまいと思う作品には傾向があ

るのでそれを研究してみるのもいいかもし

れませんが、大きく影響をうけて自分の個

性が薄れてしまうリスクもあります。強い

作品に引っ張られて元の自分の絵がわから

なくなることさえあります。そうなる事を

回避するにはやはりデッサンから自分で発

展させるしかありません。他人の影響をあ

まり受けずにできた作品は最初から個性が

強く発表直後の反応は想像以上になるでし

ょう。

 

(その28)CGのすすめ

絵を描いている人はアナログにこだわる人

が結構多いのですが、デジタルの可能性を

試してみることをすすめたいです。CGは

アナログに比べればまだ歴史は浅いので多

くの発見があると思います。作業のやり直

し、変形、変更が自由ですし、3Dであれ

ばオブジェクトの立体造形、立体的変形、

光源の変更、カメラレンズの変更などいろ

いろな考察ができます。また写真の加工や

コラージュによる試みは新たな発想につな

がります。3Dプリンターを使った造形は

これまでにないものが作れそうです。他に

もCGにしかできないことを取り入れれば

チャンスはまだまだあると考えています。

 

(その27)自分を鍛える方法は自分

で考えよう

どうしたら絵がうまくなるか、似顔絵を描

くコツは何かとネットで検索する人は多い

と思います。しかし他人にはない自分の世

界観を構築したいのであれば、やはり自分

で考えてそれを実行する癖をつけるべきだ

と思います。一流のスポーツ選手が妙なト

レーニングをしている映像を見ることがあ

ります。他人がやらない部分を鍛えること

で今までにない成果を出せるようになる訳

です。絵も同じで他人がやらない方法で自

分を鍛えればそれが武器になります。自分

の世界に深く入ればどんどん孤独になり他

人に聞いても答えなど出てきません。まっ

たくの初心者であれば人から教わった方が

早い場合もありますが重要な情報はそう簡

単には教えてはくれません。やはり自分で

苦労して発見するしかないのが現実です。

とにかく簡単な方法や近道などはありませ

んが、皆さんが何かに気付くきっかけにな

ればと思い書いています。

 

(その26)リアルに描くだけは無駄

デッサンが重要であると聞くとついついい

つまでもリアルに描いてしまいがちです。

しかし写真のように描くのであれば写真で

いい訳でこれは思考停止といっても過言で

はありません。例えば少ない線で描いてみ

る、陰影だけで描いてみる、パースを強調

して描いてみる、色を変えて描いてみる、

CGソフトを使ってみる、限られた時間で

描いてみるなどいろいろ試行錯誤しなけれ

ば得られるものは少ないでしょう。リアル

に描けるだけで満足してしまいあっという

間に年をとってしまうことがないように注

意しましょう。

 

(その25)Simple is Best?

コンテンツの性質としてシンプルなものは

完成度を上げやすく差別化が難しい。逆に

複雑なものは完成度が上がらないが差別化

し易いといった特徴があります。イラスト

や絵画はシンプルなコンテンツの部類に入

り映画やゲームは複雑なコンテンツと言え

ます。個人で創作する場合この性質を理解

しておかなければいけません。世の中の多

くの人はイラストよりも映画やゲームの方

がコンテンツとして格が上と思っているか

もしれませんが、複雑な映画やゲームの完

成度はどうしてもイラストや絵画ほど上が

りません。構成要素が多いのが原因で計算

量は膨大になり個人で管理するには限界が

あるからです。かといって多くの人を使え

ば時間と人件費の制限があり、さらに技量

のばらつきで完成度はさらに落ちてしまい

ます。

 

(その24)モチベーションが上がらない

若い頃はすぐに結果を求めてしまいますが

結果などは後から付いてくるもので求める

ものでもありません。とにかくつづけるこ

とが重要で終わりもありません。ひとつ表

現したらまた次の挑戦がまっています。そ

のようなマインドでなければ表現は薄っぺ

らいものになってしまうでしょうし人を感

動させる作品などできないと思います。モ

チベーションが上がらないと言う人は結果

を求めすぎで挫折しやすいタイプであるよ

うに思います。

 

(その23)オリジナルとは

今の世の中オリジナルのものなんてないと

言う人がいます。いろんな作品を吸収して

それらをミックスしてまた新たな作品を生

み出すのが普通だと言っていました。たし

かに私自身も多くの人の影響を受けていま

す。しかしオリジナルの作品は今からでも

存在しうると信じていますし、そこを目指

すべきだと思います。オリジナルはどうす

れば作れるのかといえば基礎的な理論に限

りなく戻りそこから自分で発展させること

により生まれるものと考えています。すな

わち真似事の混ぜ合わせではありません。

絵の世界で言えば基礎的な理論とはデッサ

ンの中にあります。デッサン力がない人が

キャラクターデザインをやるとほぼ真似事

になります。若いクリエイターのキャラク

ターがみんな同じに見える時があるのはデ

ッサン力がなく基礎からの発展が出来ない

為だと考えています。

 

(その22)挑戦しつづける為に

創作活動をつづけるためにも日頃から貯金

する癖をつけ、やりたいことに出会ったら

惜しまず使うようにしております。常に預

貯金がないとやる気があるときに動けませ

ん。似顔絵をやるために上京しましたが生

活コストが掛かり過ぎるのと作業場が確保

できないという理由から田舎の故郷に戻り

ました。ネットがあるので不便なことはあ

りません。生活コストが抑えられる分いろ

いろな事に挑戦できる環境になりました。

今はバイクに乗りツーリングを楽しみなが

ら創作活動をしております。

 

(その21)自分に合った働き方

ビジネスとしてイラストを描くとどうして

も自分の好きなものだけとはいきません。

かなりのベテランになれば仕事を選ぶこと

も可能かもしれませんが若手ではまずそん

な余裕はないでしょう。また年を重ね画力

が付いたとしてもクライアントから見て使

いやすい人間で価格が手頃でなければ仕事

は減っていくものです。私の場合はこだわ

りが強すぎるので締切が短いものは引き受

けないようにした結果、絵を描くこととは

まったく違う仕事をすることになっていま

す(笑)。自分にはこのやり方が合ってい

るように思います。

 

(その20)ネットコンテンツホルダー

似顔絵やイラストレーターという仕事は結

局は受注生産で個人でやるには売上に限界

があります。できればコンテンツホルダー

になりたいものです。これまでの紙媒体で

はなくネットの為のコンテンツを構築しま

す。質か量で勝負することになります。初

期投資が少ないのであまり深く考えすぎる

のもよくないかもしれませんが、大切なア

イデアがある場合は模倣される対策を考え

ておかなければなりません。多くの人に認

知される前にアイデアを横取りされるから

です。まだそこまでのアイデアがないとい

う人はとりあえず自分の好きな分野で始め

てみるのがよいでしょう。最初はほとんど

反応がないのですがつづけていると予想以

上の広がりがあるのがネットです。

 

(その19)洞察力を身に付ける

物事の発見には洞察力が大切です。しかし

この洞察力はどうすれば身に付くのでしょ

うか。本質をよく理解することはなんとな

く分かるのですが具体的に何をすればいい

か分からない人もいると思います。私の経

験からすると数学と絵を描くことが有効だ

ったように思います。数学は論理的思考と

モデル化の訓練、絵を描くことは観察力を

鍛えます。基礎的な知識とこれらを組み合

わせれば他の人には見えないものが見えて

くるかもしれません。

 

(その18)ネットの文法

インタ―ネットは紙媒体と比べて表現が自

由です。デジタル空間は半無制限ですし、

インタラクティブな交流もできます。自由

度があまりにありすぎてこれまでの文法で

は対応しきれません。自由であるが故に難

解で可能性は無限であると言えます。まず

どのように見せるかが重要でコンテンツ以

外にウェブデザインを自分で管理する必要

があると思います。私としては、投稿サイ

ト(ポートフォリオサービスサイト)にの

みイラストを載せることを推奨しません。

画面の中に他人の作品や文字、デザインが

入るだけで個性が揺らぐからです。膨大な

情報の中で個性がぼやけるようなことはな

るべくさけるべきです。広告も例外ではな

く初期段階で多く配置するとサイトの個性

が隠れてしまいます。

 

(その17)ネット時代のクリエイター

ネットの登場でクリエイターの活躍の場は

大きく広がりました。これまでほとんど人

の目に触れることのなかった特技が今は世

界に向けて発信できる時代です。特に動画

はかつてないほど身近になり動画サイトの

影響力はますます大きくなっています。技

術革新により音楽家、作家、漫画家、テレ

ビマンなどの仕事は変化することを求めら

れ、多くの人がネットやネット動画の場に

移動せざるを得ません。また誰もが自分を

見つめ直し他人にはない特技をネットで表

現しなければならない時代がきたと思いま

す。ネットコンテンツの時代はまだ始まっ

たばかりです。

 

(その16)漫画の長期連載は問題だらけ

近年人気コンテンツの長編化が目立つよう

になってきました。とくに漫画の長期連載

が増えているように思います。1話完結も

のならいいのですがストーリーものの長期

連載はいかがなものかと思います。話の繰

り返し、似たようなキャラクターの出現、

強さのインフレなど様々な問題が発生し作

品が劣化しているのではないでしょうか。

ある程度の長さで完結させたほうが作品の

質を保てるのと同時に新たなファンを獲得

しやすいと思います。

 

(その15)逆もまた真なり?

最近の若い漫画家さんは本当に絵がうまい

と思います。ところがメインキャラクター

の顔はみんな同じような特徴に見えます。

目が大きめの整った顔で奇抜な髪型、額に

ゴーグルをつけ刀を振り回す感じをよく目

にします。よくあるパターンの真逆を考え

てみるのも発想としては大切です。魅力的

なキャラクターを作るのは本当に大変な作

業で発明に近いものがあります。私の場合

は似顔絵の経験が大きく影響しています。

 

(その14)漫画文化は残れるか

個人的には漫画文化は残ってほしいと考え

ています。描き手からすれば個人で画像つ

きでストーリーを展開できるもっとも簡単

な方法だからです。しかし読み手からすれ

ばもはや過去のコンテンツになりつつある

と思います。昔の漫画をネット(スマホ)で

読んでもかつての感動はありません。ネッ

ト(スマホ)で読ませるのは目が疲れやすい

のと操作が煩わしいのでハードルがひとつ

上がるように感じます。また動画に慣れて

しまっていますので漫画の分かりにくさが

顕著になってしまいます。漫画を読む力も

落ちているように思います。

 

(その13)真似されることを想定しておく

WANBOXを発表以降似たような作品が沢

山でてきたように思います。それは多くの

クリエイターに影響を与えたのだと喜ばし

く思うと同時に露骨に模倣しているものも

あり腹立たしくもあります。あたかもこち

らが真似をしているかのように情報操作し

てくる者もいます。真似されても負けない

十分なロジックを組んではありますが、気

分のいいものではありません。あまり知識

のない人間が他人の作品を模倣するとろく

な結果にならないので気をつけましょう。

 

(その12)自分の好きなものを知る

表現活動といっても何をすればいいのかわ

からない人もいると思います。そんな人は

これまで何に夢中になったか、何をして時

間を過ごしていたか考えてみてください。

とくに小学生までの自分を思い出すとそこ

にヒントが隠れていることがあります。お

金のことを考えていなかった当時の自分が

何をしていたかが重要です。大人になって

周りに流された時、自分を見つめ直すのに

も役に立つ方法です。私の場合は絵を描く

ことであり、他の人に負ける気がしません

でした。野球や将棋もやったけれどそちら

は挫折してしまいました。

 

(その11)無駄なことはなかった

10代20代はとにかくいろんなことに挑

戦しました。どれも中途半端に思えたけれ

ど30代になってからそれらすべてが自分

の力になっていることに気がつきました。

結局どの表現もスポーツと同じで練習して

悩んで考えての繰り返しです。10年15

年ぐらいすると別の世界がみえてくる感じ

です。10代のときは似たようなことをや

ってもまだ力がなかったのでチャンスをつ

かむことはできなかったのです。似顔絵で

絶望したけれど、そこで今までやってきた

ことを振り返って自分にできることを組み

合わせてみたらWANBOXというアイデア

になった訳です。これまでの知識がほぼす

べて反映されていると思っていますし、こ

の結果に自分は満足しています。とにかく

毎日の習慣にして考えつづけていればとて

つもない力がついているものなのです。

 

(その10)似顔絵の先にあるものを求めて

似顔絵をやるために会社を辞めて上京した

ものの早々に似顔絵の問題点に気づいてし

まい、崖っぷちに立ってしまったのが29

歳のときです。当時似顔絵会社に所属して

いましたが、似顔絵だけやっていても自分

には将来性がないと思ったのでその先にで

きるものを考えていました。そこでたどり

着いたのがオリジナルのキャラクターをつ

くることでした。学生の頃にも同じような

ことを考えていた時期がありましたがまだ

知識が少なく画力もなかったため中途半端

になっていました。これまでいろいろなも

のに手を出してきて知らないうちに表現力

がついていたのだと思います。WANBOX

のアイデアを思いついたとき立体パズルの

パーツがカチカチカチと動いてあっという

間に完成するような感覚になったのを今で

も鮮明に覚えています。このような感覚は

人生において1度あるかないかだと思いま

す。

 

(その9)厳しい似顔絵の仕事

町でよく見かける似顔絵屋さん。疑問に思

うのが収入面です。似顔絵だけで食べてい

けるのでしょうか。答えはアルバイト程度

が平均だと思います。私も5年ほどやりま

したが上京して部屋を借りてプラスマイナ

ス・ゼロでした。健康保険や年金などすべ

て個人の手取りに掛かってくるので実質マ

イナスです。年齢が若いとアーティストの

卵と思われてお客様の付きがいいのですが

35歳すぎた頃からだんだん評価が厳しく

なってきます。平日は暇で土日祭日に集中

しますのでかなり体力勝負になります。似

顔絵のみで食べていくには会社に所属して

いると営業に制約が出るので個人で行いネ

ットなどで平行してイベント、ウェルカム

ボードなどを受注しないと厳しいです。参

入障壁が低いので競争が激化しています。

またお客様の気に入る絵を短時間で描く為

の技術と精神力がないとできません。多く

の人が参入してはその分撤退していく厳し

い世界です。それでも顔を描く力は漫画家

以上になるので個人的には後悔はありませ

んが、他人にはとてもお勧めできる仕事で

はありません。

 

(その8)成功する可能性から考えてみる

絵画を描く美術学校出身のアーティストた

ちはよく自由に表現することが重要だと言

っていました。しかし自己満足ではなく多

くの人を感動させることが目的とするなら

ば現代において筆とえのぐで描く絵にはど

れほどの可能性が残っているのか考えてし

まいます。漫画も同じで成熟しきった世界

でアイデアを出すのは容易なことではあり

ません。そう考えると現代ではネットを使

ったデジタル表現の方が可能性は大きいと

思えるわけです。他にも新素材、電気電子

回路、プログラミングなど現代のツールを

使った方がアーティストとして成功しやす

いと思います。これはどちらがいいか悪い

かではなく成功する可能性の話です。

 

(その7)ネットの特性を生かす

ネット表現と漫画は相性が良くないとこれ

まで何度か言ってきました。スマホで漫画

を読むととにかく疲れます。かなり面白い

ものでないと興味が持続しません。スマホ

(ネット)の特性を生かせる表現方法を考

えるべきであり、これまでの漫画をただ載

せるのは得策ではありません。スマホ(ネ

ット)の特性はいろいろありますがまず考

えられるのが色、音、動き、双方向、通信

速度などです。これらを使った表現活動の

ほうがこれまでの漫画よりはるかに将来性

があります。ほとんどの漫画が今後読まれ

ることなく過去のものになる可能性があり

ます。若いクリエイターには漫画以外のネ

ット表現にシフトすることをすすめたいで

す。まず考えられるのが動画です。フラッ

シュ系アニメやキャラクターの口だけを動

かして情報を流す番組などは個人でもでき

ます。絵を完成させるまでの作業を動画に

して発表するのもひとつの方法でしょう。

また写真や活字もスマホ(ネット)との相

性がいいので、アイデア次第で面白いも

のができそうです。

 

(その6)漫画を超えたCG世界

漫画雑誌の発行部数が減りつづけているよ

うです。その原因は少子化、スマホの登場

によるものなど諸説ありますが、ひとつに

コンピュータグラフィックス(CG)の進

化が考えられます。2000年以前は漫画で

しか描けない世界観が確かにありました。

映画やゲームの映像はまだまだ不自然で紙

の漫画の優位性がありました。ところが徐

々にCGが発展してもはや何でも表現でき

るようになると状況は逆転してしまいまし

た。映画やゲームの映像に漫画の絵が見劣

りするようになりました。漫画コンテンツ

は映画、ゲームに比べて表現するのに不利

な媒体であるのでよりシンプルなアイデア

が必要です。分かりにくいものは敬遠され

てしまいます。しかし漫画の世界は成熟し

ておりシンプルなアイデアは枯渇している

といっていいでしょう。残念ながら複雑な

世界を表現するのに向かない漫画コンテン

ツはこれからかなり苦戦すると思います。

 

(その5)完成度を突き詰めてから

ネットで発表しよう

ネットで作品を発表するときに心配になる

のがアイデアを真似されるのではないかと

いう点です。私もこれについてはだいぶ考

えました。作品がよければ、大手のコンテ

ンツ会社はおそらく似たものを出してくる

ことは間違いないでしょう。そこで個人が

できることは発表前に徹底的に細部までこ

だわることです。自分が納得するまで十分

時間をかけ、とことん完成度を上げます。

アイデアを小出しにするよりは最初はある

程度まとまった世界観にして発表します。

すぐに大手はメディアミックスなど量でア

イデアの横取り、商品化を狙ってきます。

しかし細部はなかなか真似できませんし、

係わる人数が多ければ多いほど個性は薄ま

り、トップ1人がすべて作った場合と比べ

かなりクオリティは落ちます。量より質で

戦います。作品発表日時をはっきり明示し

ましょう。

 

(その4)漫画の未来

私がまだ学生だった頃どうすれば絵を描く

ことを仕事にできるか模索していて漫画家

以外ではなかなか思いつかなかったのを覚

えています。ところがインターネットによ

るデジタル表現が出現したことによりこれ

までの漫画はいずれなくなると直感しまし

た。紙に印刷する漫画の文法はネットとの

相性が最悪で、これを改善する方法はおそ

らく発明されないだろうと思ったのです。

そこから自分なりのネット表現はなんなの

か日々考えるようになりました。

 

(その3)表現活動をつづけよう

ネットの登場以前はあらゆる表現活動は継

続するのが難しく途中であきらめてサラリ

ーマンになる人が大多数であったと思いま

す。しかし現在はサラリーマンも安泰では

ありません。労働単価は下がりつづけてい

るのでむしろネットで表現活動をすること

が重要になってきました。表現活動は継続

していればいずれビジネスに変わる可能性

を秘めていますし、人生を豊かにします。

20代でやめてしまうのはもったいないので

ぜひつづけることをおすすめします。10年

20年後の自分の大きな財産になると思いま

す。

 

(その2)漫画業界

漫画業界はこれからどうなるか、これから

漫画家を目指すのはどうだろうかといった

疑問をお持ちの人は多いと思います。これ

については漫画雑誌の発行部数は減少しつ

づけるのでネットを使った表現に移行しま

しょうと私なら答えます。絵を描く仕事と

いえば漫画家でしたが、ネットの登場で漫

画コンテンツは他のコンテンツと比べて見

劣りするようになりました。他の仕事をし

ながら自分の好きな表現を自分のペースで

行いネットで発表する。軌道に乗ってきた

らプロになるのもよいかも。

 

(その1)似顔絵の描き方

似顔絵の描き方について聞かれることがた

まにあります。私も以前、自動似顔絵作成

アプリを考えたことがあります。マンガタ

ッチでスタンプに使えるものを目指したの

ですが、うまくいきませんでした。原因を

簡単に言えばこんな似顔絵にしたいという

結果を設定したことです。しかし顔には特

徴がたくさんある人と少ない人様々です。

特徴がある顔と少ない顔とで同じ変換プロ

セスを使うとどうしても結果にばらつきが

でます。

top